JFS-B規格
適合証明取得支援

取得まで最短7ヵ月 ※企業様にょり異なります
適合監査まで一貫して支援いたします
一般社団法人中部産業連盟 東京事業部
2021年6月に、食品衛生法のHACCP制度化が完全施行となりました。一方で、HACCP制度化に伴い、独自のHACCP認証を終了する自治体も出始めています。
その影響を受け、食品卸・小売事業業が、食品製造業に自治体HACCP以外の認証取得を強く要求してくる可能性があり、その中でもJFS-B規格は現在多くのスーパーで取得を推奨されています。
JFS-B規格は、日本発のチェックリストによるわかりやすい規格のため、1,500件を超える取得数となっており、現在も増えています。
JFS-B規格適合証明の取得は全国的に増加しており、ここ1年間では県内初の取得も見受けられます。
また、三重県・愛媛県・大分件・鹿児島県など、10都道府県が取得比率60%を上回る状況となっています。
次いで、群馬県や山形県といった自治体HACCPの新規認証が終了した地域でも比率が高い傾向が見られます。

中部産業連盟はHACCPを含むJFS-A/B規格の監査会社です
監査会社としていち早く(全39団体中2番目※2021/8/1時点)登録されており、豊富な指導実績があります。

JFS規格とは

食のグローバルとそれに伴う世界的な食品安全の標準化(HACCP制度化を含む)が進む中、日本製食品の国際競争力強化と更なる食品安全管理レベルの向上などを目的として、食品安全マネジメント協会(JFSM)が策定した規格で、A/B/C規格の3段階あります。

JFS-A/B規格の特徴

・日本発の規格のため、日本の企業文化・食文化になじみやすい。
 日本の事業者様にわかりやすい。

・段階的にレベルアップできる。(右図イメージ図参照)

・C規格と比べて、構築工数が少なく容易に取得できる。





取得支援コンサルティング~適合証明監査まで、中産連はトータルサポートをします

JFS-B規格適合証明の取得は
このような食品製造業様にオススメです!

  • 取引先等よりHACCPに沿った衛生管理の実施について、その証明を求められている
  • 人手が足りなく、認証取得に大幅な工数を割くことが困難
  • 自社のブランド力向上を図りたい
  • 自社のブランド力向上を図りたい

ご相談特典!

今なら、ご相談いただいた企業様を対象に中産連東京事業部執筆『JFS-B規格取得のためのオリジナル小冊子』(非売品)を贈呈!
※1社様1冊限りとさせていただきます
※個人及びコンサルタント、競合他社様への配布はいたしておりません
※数に限りがありますので、お早めにお申し込みください

まずはお気軽にご相談ください

JFS-B規格適合証明取得に向けたご提案までの流れ

Step.1
ご相談お申込み(Webご相談可)
企業様の現在の取り組みやお悩みなどをヒアリングさせていただいます。
・HACCP関連の実施状況
・適合証明取得希望時期やご予算
Step.2
中産連コンサルタントによる現地診断(無料)
JFS-B規格の監査会社でもある中産連がプロの目で、適合証明取得に向けた診断を実施いたします。
・FSM、GMP、HACCPの取り組み状況や基となる文書、帳票関連の確認
・組織体系や主要メンバーの把握
Step.3
適合証明取得に向けた計画書・見積書の提示
企業様のご事情を鑑みて、最適なプランをご提案いたします。
・現地診断結果をコンサルティング計画書としてご報告
・適合証明取得に向けたポイント箇所などを指摘
・実施スケジュールや工数の提示
Step.3
適合証明取得に向けた計画書・見積書の提示
企業様のご事情を鑑みて、最適なプランをご提案いたします。
・現地診断結果をコンサルティング計画書としてご報告
・適合証明取得に向けたポイント箇所などを指摘
・実施スケジュールや工数の提示
わからないことがあればお気軽にご相談ください
豊富なコンサルティングと監査実績を持つプロの目で現場を確認いたします
企業様の現状と適合証明取得までのギャップをお伝えいたします
適合証明取得に向け、一緒に取り組んでいきましょう!
適合証明取得に向け、一緒に取り組んでいきましょう!

団体概要

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部
経営革新コンサルティング部
住所
〒102-0083 東京都千代田区麹町3ー2ー6(垣見麹町ビル5F)
電話番号:03-5275-7751
FAX :03-5275-7755
mail:ichikawa.shinji@chusanren.or.jp
担当:市川